節税メリットがたくさんある、個人事業主の確定申告は青色申告で

確定申告前にチェック!個人事業主税金対策

独立したてのフリーランスに
確定申告と税金対策を徹底解説
個人事業主の
青色申告での減価償却

テーマ一覧

個人事業主の青色申告での確定申告は節税メリットがたくさん

白色申告と青色申告の違いを説明してきましたが、青色申告には65万円の控除額の他にも節税メリットがあります。複式簿記と言うと大変そうなイメージがありますが、青色申告用のソフトや会計ソフトを使えば簿記の知識がなくても帳簿はつけられます。青色申告用のソフトなら、決算書や申告書も作成できる機能がついています。個人事業主は経営者ですから、自分の事業の収支状況を把握するためにも帳簿はつけた方が良いでしょう。青色申告の節税メリットについてひとつずつ紹介していきます。

個人事業主の青色申告での減価償却

青色申告の節税メリットのひとつに、「中小企業者の小額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」、通称「減価償却の特例」があります。通常、個人事業主の場合、10万円以上のものを購入した場合、一括で経費処理はできません。一度、資産として計上し、何年かに分けて減価償却費として徐々に経費処理していくことになっています。これを青色申告者の場合は、10万円以上30万円未満の資産に関しては、300万年を上限に一括処理をしても良いという特例です。一括処理できればその分経費の金額が大きくなるため、その年の課税所得額を少なくおさえることができます。 個人事業主の青色申告での減価償却の続きはこちら

個人事業主の青色申告での専従者給与

個人で事業をする個人事業主の場合、家族に手伝ってもらっている人も多いと思います。本業の手伝いではなくても、請求書の発行などちょっとした事務処理を手伝ってもらったり、会計ソフトの入力をお願いしたり、伝票整理などの雑務をお願いすることもあるでしょう。そのような家族の手伝いは、「気持ち」で処理せずに、給料を支払いましょう。家族への給料は、専従者給与として経費とすることが認められています。専従者給与として給与を支払う場合、「青色申告専従者給与に関する届出書」を税務署に事前に提出しておかなければならないので、注意が必要です。 個人事業主の青色申告での専従者給与の続きはこちら

個人事業主の青色申告での消費税

個人事業主として年間の売上が1,000万円を超えたら、課税事業者となり、消費税を納めなければならなくなります。事業売上で預かった消費税から事業仕入で支払った消費税を引いた分を、預かり分の消費税として納めることになります。課税事業者になった場合は速やかに税務署へ「課税事業者届出書」を提出する必要があります。確定申告は自力でもできるものですが消費税の計算までとなるとさらに難易度があがります。売上1,000万円を超える課税事業者となる頃は税理士と顧問契約をする目安として良いでしょう。売上1,000万円は、法人化の目安にもなる区切りのラインです。 個人事業主の青色申告での消費税の続きはこちら

個人事業主におすすめ!青色申告会

会社員にはあまり知られていないかもしれませんが、青色申告会という一般社団法人があります。青色申告を行う納税者団体で、全国に会があります。会費は地域の各会によって異なりますので、居住地の青色申告会に問い合わせてみてください。大体、月1,000円程度のようです。青色申告会に入会すると、確定申告書作成など経理や税務にまつわる支援・サポートを受けられます。税理士と顧問契約をするよりも割安のコストで専門家のサポートを受けられる心強い組織です。青色申告会は税務サポートだけではなく、弁護士の法律相談や各種保険への加入、福利厚生事業など、多くの特典が用意されています。 個人事業主におすすめ!青色申告会の続きはこちら

おすすめ記事ピックアップ

個人事業主の控除を知る

個人事業主の控除を知る 知っていれば得をする、知らなければ損をする。まさにそんな仕組みと言えるのが「控除」です。医療費控除、配偶者控除、扶養控除、生命保険料控除、社会保険料控除、地震保険料控除、雑損控除、寄付金控除、寡婦控除など、色々な条件ごとに控除の種類があります。保険料控除や寄付金控除は、きちんと申告しなければ控除にならず、払わなくてもよかった税金を支払うことになりますので、該当する控除がないか、すべてチェックしましょう。

個人事業主の青色申告での減価償却

個人事業主の青色申告での減価償却 節税のための知識として、減価償却について理解しておきましょう。今年はもうかったから、節税と投資のつもりで少し高価な備品を買おう!と、10万円以上の備品を買ったのに、全額経費処理できなくて、思ったような節税にならなかった。ということがあります。10万円以上のものは「資産」になるため、消耗品や備品としての一括処理ができません。資産として計上し、何年間にわけて「減価償却費」という名の経費として処理しなければなりません。青色申告は、この減価償却に関する特例があります。

個人事業主におすすめ!青色申告会

個人事業主におすすめ!青色申告会 個人事業主の税務や法律相談サポートをしてくれるのが、一般社団法人である青色申告会です。青色申告会とは、青色申告納税者による団体組織で、各地にあります。ひとりで確定申告をするには自信がない・・という人にも、税理士と契約するのはまだ早いかなと思っている人にも、心強い味方になるでしょう。確定申告の作成に関する相談はもとより、通常の経理処理の相談などにも乗ってもらえます。また、福利厚生事業や各種保険加入制度などもあり、個人事業主にとって様々な特典のある団体です。

確定申告前にチェック!個人事業主税金対策

Copyright © 2014 確定申告前にチェック!個人事業主税金対策 All Rights Reserved.