白色申告と青色申告の2種類が個人事業主の確定申告にあります

確定申告前にチェック!個人事業主税金対策

独立したてのフリーランスに
確定申告と税金対策を徹底解説
個人事業主の
青色申告での減価償却

テーマ一覧

個人事業主の確定申告は白色申告と青色申告

個人事業主の確定申告には、「青色申告」と「白色申告」の2種類があり、どちらか選ぶことができるようになっています。 青色申告を希望する場合は、所管の税務署に「青色申告承認申請書」を提出する必要があります。何もしなければ自動的に白色申告となります。青色申告承認申請書はいつでも提出できるわけではなく、事業開始日から2か月以内、または青色申告をしようとする年の3月15日までに申請書を提出しなければならないので注意が必要です。

白色申告の個人事業主が確定申告ですること

青色申告の承認届けを提出していない個人事業主は、すべて白色申告に該当します。2014年分の確定申告より、白色申告も帳簿付けと保存が義務づけられましたが、簡易簿記による帳簿管理でよいため、青色申告の複式簿記に比べると事務処理にかかる手間は少なくすみます。簡易簿記とは、帳簿と言っても家計簿レベルの簡単なものですので、フリーソフトなどを利用して収支を記録する程度でもOKです。ただし、白色申告でも経費にかかった領収書の保管は必須です。日頃から常に領収書をもらう癖をつけましょう。一回ずつは小さな額でも集めると結構な金額になるものです。集めた領収書は月別に保管しておくと集計しやすくなります。 白色申告の個人事業主が確定申告ですることの続きはこちら

青色申告の個人事業主が確定申告ですること

収入・所得がそれなりにある人は節税効果の高い青色申告がおすすめですが、複式簿記による記帳と決算書の作成など、白色申告とは違い本格的な経理処理が必要になります。65万円の基礎控除を受けるためには、複式簿記で仕訳帳や総勘定元帳など主要帳簿を作成し、決算書として損益計算書と貸借対照表を作ることになります。 青色申告用の会計ソフトなどを利用すれば、日々の取引を入力するだけで主要帳簿と決算書は自動的に作成できますので、意外と簡単にできるのではないかと思います。確定申告書の提出時には、青色申告の場合、税理士のチェックと確認印をもらった方が無難です。 青色申告の個人事業主が確定申告ですることの続きはこちら

青色申告の個人事業主が確定申告までにつける帳簿

65万円の控除額をゲットするためにも青色申告に挑戦したいという個人事業主の人は多いでしょう。複式簿記による記帳は、手書き管理をするとなれば相応の簿記知識が必要不可欠ですが、会計ソフトを使えばさほど難しくありません。ルールに従って取引を入力すれば仕訳も各種帳簿も自動で作成できます。取引入力時に気をつけたいのは勘定科目です。同じ内容の取引は常に同じ勘定科目を使って計上しましょう。しかし、会計に明るい人であっても、個人事業で本業や営業に手いっぱいの中、複式簿記で帳簿もつけるとなるとそれなりの負担になるでしょう。必要経費と割り切って税理士に完全委託するのもひとつの手です。 青色申告の個人事業主が確定申告までにつける帳簿の続きはこちら

おすすめ記事ピックアップ

個人事業主の控除を知る

個人事業主の控除を知る 知っていれば得をする、知らなければ損をする。まさにそんな仕組みと言えるのが「控除」です。医療費控除、配偶者控除、扶養控除、生命保険料控除、社会保険料控除、地震保険料控除、雑損控除、寄付金控除、寡婦控除など、色々な条件ごとに控除の種類があります。保険料控除や寄付金控除は、きちんと申告しなければ控除にならず、払わなくてもよかった税金を支払うことになりますので、該当する控除がないか、すべてチェックしましょう。

個人事業主の青色申告での減価償却

個人事業主の青色申告での減価償却 節税のための知識として、減価償却について理解しておきましょう。今年はもうかったから、節税と投資のつもりで少し高価な備品を買おう!と、10万円以上の備品を買ったのに、全額経費処理できなくて、思ったような節税にならなかった。ということがあります。10万円以上のものは「資産」になるため、消耗品や備品としての一括処理ができません。資産として計上し、何年間にわけて「減価償却費」という名の経費として処理しなければなりません。青色申告は、この減価償却に関する特例があります。

個人事業主におすすめ!青色申告会

個人事業主におすすめ!青色申告会 個人事業主の税務や法律相談サポートをしてくれるのが、一般社団法人である青色申告会です。青色申告会とは、青色申告納税者による団体組織で、各地にあります。ひとりで確定申告をするには自信がない・・という人にも、税理士と契約するのはまだ早いかなと思っている人にも、心強い味方になるでしょう。確定申告の作成に関する相談はもとより、通常の経理処理の相談などにも乗ってもらえます。また、福利厚生事業や各種保険加入制度などもあり、個人事業主にとって様々な特典のある団体です。

確定申告前にチェック!個人事業主税金対策

Copyright © 2014 確定申告前にチェック!個人事業主税金対策 All Rights Reserved.